JACHI:一般社団法人 医療健康情報認証機構
JACHI概要
設立の趣旨
事業内容
役員構成
認証の概要
認証取得手順
認証取得費用
認証資格について
CHICについて
CHIDについて
人材育成セミナー日程計画
JACHI講座
プライバシーポリシー
CHIC会員専用ページ
お問い合わせ
設立の趣旨

  近年、医療消費者が病気や医薬品、治療法、医療機関や介護施設などの様々な情報に簡単にアクセスできるヘルスケアインフォメーションの利用が本格化しており、その提供のみならず、患者と医師、医師と医師とのコミュニケーション、医療健康に関連したモノやサービスもインターネットで提供されるなど、利用法がますます多様化しております。
  しかし、その反面、ヘルスケアインフォメーションの普及に伴い、提供される情報やサービスの質・信頼性の問題、個人情報を提供・利用する際のプライバシー保護やセキュリティの問題などが懸念されています。
  医療健康情報認証機構(以下、JACHI)は、こうした問題に対応するため、民間による第三者認証機関として2006年8月に発足し、医療保健関連事業機関がウェブサイトを通じて提供する医療健康情報やサービスがJACHI制定の原則に則り運用されていることを認証する「Web認証」事業を行ってきています。
  教育面では、医療健康情報の健全な発展のため、ウェブサイトなどにより発信提供される医療健康情報の利便性や問題点を理解し、その内容や質を管理したり客観的に評価できる人材の育成が必要となっており、こうした社会的な要請にこたえるプロフェッショナル人材の育成も行っています。

  一方、健康診査の分野では、国は健康増進事業実施機関(医療保険者、企業等)に対し健康診査における問題点を指摘すると同時に健康診査の実施等に関する指針を2006年に示すと同時に高齢者の医療を確保するための法律で全ての医療保険者に対して健康診査等の結果を電子データで管理することを義務付けており、データベースの管理など新たな問題が加わっています。
  このような状況の中で健康増進事業実施機関は健康診査等の委託を受ける健診等実施機関の選択に際して、第三者認証の必要性に迫られております。
  JACHIは、かかる問題に対応して、これまでの「Web認証」事業に加えて、新たに健診等実施機関が取り扱う健診情報がJACHI原則に則り運用されていることを認証する「情報品質認証」事業を開始し、広く社会に発信してまいります。健診等実施機関に対する第三者認証機関としてJACHIはその任を負えると確信しております。

  JACHIは、ヘルスケアインフォメーションの健全な発展を推進するため、医療健康情報の提供者と利用者が連携、協力して発足した民間の第三者認証機関です。
  JACHIが、ヘルスケアサービス発展の重責を担っていくには、様々な分野の方々の参画が必要不可欠となります。設立の趣旨をご賛同頂き、ご支援賜ります様お願い申し上げます。

*:JACHI: Japan Accreditation Council for Healthcare Information

一般社団法人 医療健康情報認証機構
© Japan Accreditation Council for Healthcare Information.